プレス加工時のスクラップを取り出す

オートキャッチャーは通常、コンパウンド加工の加工品取り出し機として開発しましたが、

 

最近は加工時に出るスクラップ(カス)を取り出せないかとのご要望をいただくことも多くなりました。

 

順送プレスではスクラップ(カス)が数個所で出ます。

 

それを回収する方法でご苦労されているとの事でした。

 

ベルトコンベアでは、カスでベルトを傷つけてしまい、ベルトが切れてしまう

 

という問題がある。

 

振動で落としていく装置では、スクラップ(カス)の滑りが悪く

 

トレー上に溜まってしまい装置が壊れてしまうという問題がある。

 

といったお悩みでした。

 

せっかく順送金型を製作して無人で加工が出来るのに、スクラップ(カス)の

 

回収のために作業者が頻繁に時間を取られてしまっているそうです。

 

そこでオートキャッチャーでなんとか出来ないかとご相談を受け、開発を行いました。

 

参考動画URL

https://www.youtube.com/watch?v=OQKEUG0VCjA

 

こちらですとベルトを使用しないので、切れる心配が無い。

 

振動式の回収装置のように少しずつ動かすのではなく、一気にトレーをスライド

 

させられる(最大200mm程度)ので、スクラップ(カス)が溜まりにくい。

 

作動音が振動式に比べて静かになる。

 

といった事ができることが分かりました。

 

上記動画は現在開発中のものですが、高い評価をいただいております。

 

 

お客様が悩んでいることを解決し、喜んでいただけることが

 

当社のモットーです。

 

これからも「できない」では無く、「どうやったらできるか」という

 

姿勢で取り組んでいきたいと思っております。

2017.07.21

このページのトップへ

AC-3 特注540mmスライド

仕様:ストローク長120mm 希望SPM:100以上

こちらの金型は通常であれば標準オプションの450mmスライドでキャッチできるのですが、ご希望のSPMが100以上と早く、加工品がトレーで跳ねてしまうという問題がありました。それを解決するためにより奥にトレーを入れることをご提案し、特注で540mmスライドを採用した機種となります。しかしプレス機がリンクモーションのため、下死点では遅く上死点では早いためSPM100となると上死点ではSPM120程度の早さになっているそうで、現在はSPM80でご使用いただいております。現在も跳ねの問題を解決すべく共にアイデアを出し合い、SPM100を目指しております。

 

https://www.youtube.com/watch?v=5LXl7BGab6k&t=7s

 

2017.06.27

このページのトップへ

金属プレス加工技術展2016報告

本日のブログ投稿:山内隼人

前回の記事より時間があいてしまい、申し訳ございません。 いろいろと営業をしていると時々「ブログ読みました」と言っていただく事もあるので、もう少しマメに更新しなくては!と思うのですが、日々の忙しさにかまけてしまいさぼっておりました。申し訳ございません。

4月に大阪で行われた展示会では多くのお客様にご来場いただき、カタログも1000部ほど配ることができました。海外の方も多く、次回は英語版や中国語版のカタログの必要性を感じるほどでした。 大阪での展示会はまだ2回目ですが、「知ってるよ」「気になってたよ」とおっしゃっていただける方も多かったです。すでにご使用いただいている方とも初めてお会いできたりもして、認知度は少しずつ上がっているように感じました。

弊社は埼玉にしか営業所が無いのですが、関西地区は(株)第一工具様が代理店として活動してくれています。会期中は常にブースで説明していただき、現在は会期後のフォローを頑張っていただいております。 6月6日、7日は私も兵庫、大阪に出張し同行させていただきました。

オートキャッチャーはもともと弊社の加工で使用するために生まれた製品ですので、使用してみたいなと思っても、どういうものなのか分からないところから始まります。 見たことも触ったことも無いものを購入するのはとても不安だと思います。 そういった不安を、代理店様や商社様と連携し、日本はもとより全世界で安心してご使用いただける環境をつくるのも私の役目です。

狭い日本とよく言いますが、私どものような中小企業にはすごく広く、自社だけではとてもフォローしきれません。 たくさんの心強いパートナーと協力し、皆さんに喜んでいただけるよう、これからも頑張ります!

ブログの更新も頑張ります(;^ω^)

2016.06.11

このページのトップへ

オートキャッチャーバージョン3 開発中!

本日のブログ投稿:山内隼人

 

 

 

 

 

 

 

台湾出張から早3週間近くたちました。この間、ほぼ毎日のように開発チームと打ち合わせを取り、台湾でいただいた要望や、私が今までお伺いしお話させていただいた企業様からの要望を盛り込んだ、新しいオートキャッチャーを開発しています。主に汎用性、耐久性の向上を目指しています。

 

開発自体は昨年後半から少しずつ行っていたのですが、台湾出張で刺激を受けたこともあり、最近は急ピッチで進行しています。様々なアイデアを開発チームにぶつけ、それを図面に反映してもらい、その図面を確認すると「もっとこうしたら良くなる」と更にアイデアが沸き、それをまた図面に反映してもらい・・・と繰り返し行っています。

 

チームのみんなには大変な思いをさせているところもありますが、開発責任者である白石の協力の下、オートキャッチャーはどんどん進化しています。

 

開発をしていると、子育てと似ているところがあるなと思ったりします。相手は機械ですが、あーでもない、こーでもないと悩みながら育て、成長していく姿はとても愛おしく思ったりします。アイデアを出しているだけの私ですらそう思うのですから、チームのみんなはより強いとい思います。

 

そのため「一生懸命に開発した製品だから、これでいいんだ」という自負を持ってしまいがちです。その気持ちは努力した証でもあると思うので、とても大切だと思います。

 

しかし私が常に心がけなければいけないと思っていることは、使っていただく方に満足してもらいたいという気持ちです。

 

実際に使用される方々にダメと判断されたら、それはダメなのだと思います。使用する方の意見をしっかりと汲み取り、開発チームに丁寧に説明し再開発を行ってもらうことも、私の大切な仕事なのだな~と、仕事の難しさを痛感しながら、本日も開発を行っています。

 

 

2016.02.12

このページのトップへ

台湾に行ってきました!

本日のブログ投稿:山内隼人

 

 

 

 

 

 

 

台湾代理店様との打ち合わせをメインに、ユーザー様2社を訪問してきました。

 

代理店様はオートキャッチャーを非常に気に入ってくれており、中国、台湾をメインに販売していきたいと言っていただきました。

 

しかしもっと耐久性がほしいとの要望もあり、各部一箇所ずつ丁寧に打ち合わせさせていただきました。

 

ネジ1本、ワッシャー1個に至るまで知識が豊富な台湾の社長様との打ち合わせは、大変勉強になりました。

 

さらに日本のネジメーカー(株)サイマコーポレーションの斎間社長様にも参加していただき、いろいろとご教授いただきました。

 

台湾のGDPは右肩上がりのようですが、プレス加工自体は減っているそうです。中国、タイに流れてるようで、日本と同じ状況です。

 

しかし訪問した2社のユーザー様はとてもお忙しそうで、オートキャッチャーの増設を検討されているとのことでした。設備を拝見させていただき、取り付けのアドバイスをしてきましたが、どちらもオートキャッチャーをとても理解していただいていて、もっとこういう機能がほしいなどのご意見をうかがえるほどでした。

 

日本国内では細かい対応を心がけています。急な要望や故障等、なるべくお客様にご迷惑がかからない期間と内容で対処するようにしています。しかし海外となるとそうはいきません。代理店様としても、販売後のアフターは少なければ少ないほどいいのは明らかです。

 

ちょうど今、ニューモデルを開発しているところですので、帰社後開発チームに協力してもらい「シンプルで耐久性が良い」「汎用性があり使いやすい」という相反するテーマではありますが、どちらも両立できるモデルにしてください!と、無理なお願いしております。(笑)

 

4月の展示会での発表に間に合うよう、私もアイデアを出し一緒に開発しています。

 

台湾の皆様からいただいたたくさんのアドバイスやご要望を、新しいオートキャッチャーに全て反映できるように頑張ります!!

 

2016.02.02

このページのトップへ

台湾に行って来ます!

本日のブログ投稿:山内隼人

 

 

 

 

 

 

 

 

明日1月20日から23日まで、台湾の桃園と台北に、商社様との打ち合わせと、

プレス工場の視察を兼ねて行って来ます。

日本でもまだまだ認知度の低い製品ですが、海外展開も少しずつ拡大して

いけたらと思っております。

 

台湾の商社様は中国への販売をメインに考えられているそうです。

中国では安全基準が低く、プレス機に手を入れることは日常茶飯事とのこと。

中には、わざと指をはさんで労災事故にし、保険金をもらうといった事例も

多くあるそうです。

 

それを未然に防ぐのにオートキャッチャーはとても良いと評価をいただいて

おります。

 

短い日程ですが、吸収できるだけ吸収して来たいと思います。

こちらのブログでも旅行記をアップ予定ですので、ご覧いただけたら幸いです。

 

では、明日から張り切って行ってまいります!

2016.01.19

このページのトップへ

新年、明けましておめでとうございます。

本日のブログ投稿:山内隼人

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりの投稿となりまして、大変申し訳ございません。

本年は有意義な情報をたくさんアップしていこうと思っておりますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

オートキャッチャーの動向ですが、4月に新しいモデルを発表したいと

思っており、現在その試作づくりを進行中です。

 

昨年はたくさんのプレス加工業者様にお会いし、本機をご使用して

いただく機会がありました。

その中で感じたことは、プレス機も金型も多種多様であるということです。

標準機のオートキャッチャーでは対応できず、オプション品を組み込んで

ご使用いただくことも多くありました。

しかし現在開発中のモデルは、プレス機のトン数には許容範囲がござい

ますが、汎用性の更なる向上、ハードな使用環境でも安心してお使い

いただける耐久性、などを考えて設計しております。

 

労働安全衛生法によりプレス作業の安全基準が高まってはいますが、

まだまだ浸透していないのが現実です。

「月に1日しかその加工がないから、手で取り出せばいい」ではなく

「月に1日しかやらない不慣れな作業だからこそ、安全な環境で作業したい」

が正しい考え方かと思います。

 

皆様が安心して働ける環境づくりのお役立ちができるよう、本年も尽力して

参りますので宜しくお願いいたします。

2016.01.04

このページのトップへ

「海外出張 台湾編」 その①

「パスポート? 持っていますが・・・」
 
「えっ、台湾ですか?!」
 
いきなりの急展開で、台湾へ行くことになったのです。
 
 
 
恥ずかしながら55才にして初めての海外。
 
台湾商社へオートキャッチャーのプレゼンが今回の任務です。
 
 
 
出発前日は、台風26号が関東に上陸。どうなることかと思いましたが、
 
当日は快晴!約4時間のフライトで桃園空港に到着。
 
空港には商社の代表者の方が、高級車で迎えにきて下さいました。
 
 
 
「いよいよだな・・・」と内心覚悟を決め、会社へ訪問。
 
 
 
会議室に入ると、エリアマネージャー10数名が着席していて、
 
いままで感じたことのない緊張感の中、プレゼンが始まりました。
 
 
 
「やれるだけのことを精一杯やろう」とカタコト英語とジェスチャーで
 
無我夢中でしたが、終了後は拍手を頂き、ホッとした私も思わず笑顔がこぼれました。
 
 
台湾白石3.JPG
 
 
 
2日目は、商社の方々と現地のプレス企業に訪問。
 
通訳をして頂きながら、プレス機に設置し実演会を行いました。
 
 
 
中国製プレス機への取付けは初めてで取付けできるか不安でしたが、
 
日本製と同じ仕様で、無事に設置完了。
 
 
 
安心している私へ訪問先のプレス企業の方が
 
「SPM300で動かしてみたい」と言われました。
 
“SPM300!?”日本でも検証したことの無い「超」スピードです。
 
 
 
オートキャッチャーの可能性を信じ、
 
「テストしましょう」とSPMを少しずつ上げていきました。
 
 
 
ドキドキしながら見守っていましたが、全く問題なく可動!
 
私自身も驚いてしまいました(笑)
 
はじめての海外でのプレゼン、実演と不安の多い中、
 
商社の皆様には高い評価をいただきました。
 
 
台湾白石1.JPG
 
中国製のワイヤーカットは、
 
驚くほどの安さの割に
 
とても高精度で驚きました!
 
当社にも一台検討したいくらいです。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
個人的に、日本はモノづくりにおいて群を抜いているという考えでしたが、
 
各訪問先のプレス企業のクオリティーの高さに驚きました。
 
金型精度・加工精度など、私が見習う事も多かったです。
 
世界は広いなと感じる良い経験なりました。
 
 
 
次回のブログは台湾訪問で驚いたことをお話ししたいと思います。
 
どうもありがとうございました。
 

2013.11.22

このページのトップへ

社長物語その2 「台湾にて」

本日のブログ投稿:三雲啓志

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、三雲です。

 
先日、オートキャッチャーの新しいパートナーと
 
台湾へ行ってきました。
 
 
台湾三雲3.JPG
 
台湾が見えた!(^^)!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初めて訪れる国、話せない言語など、今まで感じたことのない
 
プレッシャーを抱えての出張です。
 
 
空港から車で30分程の桃園という所で
 
現地の商社を訪問し、社長・エリアマネージャーに片言の英語と身振り手振りでプレゼン、
 
翌日はプレスメーカー4社にてPRを行いました。
 
商社の社長は、とても温厚な方で盛大な「おもてなし」を用意して下さり、
 
心からの歓迎に頭の下がる思いでした。
 
 
 
台湾三雲1.JPG
 
 
来年からオープンする台湾商社さん自社ビルです。
かなり大きい!(驚き)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の海外出張で痛感したのは、「コミュニケーション力」。
 
言葉を話せず、とても苦痛でしたが、
 
その環境下で強く感じたのは、「人間力」
 
国境を超えた人としての存在です。
 
 
皆さんも、会って間もないのに「この人は信頼できる」
 
「人として魅力的だ」と感じることが時々あると思います。
 
 
台湾商社の社長、新しいパートナーの方もお会いしたばかりですが、
 
直観的に「この人は強さと優しさがある」と感じ、いっしょに仕事がしたいと思いました。
 
 
「人間力」はスキームではなく、その人の経験や想い・考え方などが
 
自然と発せられる目には見えないものです。
 
だからこそ、ウソやごまかしが利かない
 
 
日頃、提案力やトークを磨くことはもちろんですが、
 
いま一度、自分の「人間力」を振り返ってみて下さい。
 
 
販売の仕事とは、人から人へのつながりです。
 
機械が勝手に買ってくれるわけではありません。
 
そのベースとなるのは人との関係。
 
「人間力」を高めることで、人とのつながりは良くなってきます。
 
 
相手に「この人いいね!」「信頼できるな」と
 
感じていただけると、とてもうれしいですよね!
 
人は本能的に感情で動くものです。
 
 
最後に失敗談ですが、台湾ドルに換金していかなかったので
 
コンビニで買い物ができなかったことは、自分にとっては激痛でした!
 
皆さんもご注意ください。
 
 
少なからず日本を離れることで
 
日本の四季折々の美しさや人々のマナー、サービスの良さなど
 
改めて誇りに感じることもできました。
 
 
私自身、自分の「人間力」をチェックし、高める活動をがんばろうと思います。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 

 

2013.11.04

このページのトップへ

お客様サポート 山内 隼人 ~ 自己紹介

本日のブログ投稿:山内隼人
 
初めての投稿です。
 
お客様サポートを担当している、山内隼人と申します。
 
 
 
すでに投稿している三雲、白石、そして私の3名でこのブログを盛り上げていきますので、
 
これからよろしくお願いします。
 
 
 
読んでいただくみなさまに、少しでもお役にたてる情報をアップしていけるよう、
 
これから頑張ります!
 
と言いつつ、初回は私の自己紹介をさせてください。
 
 
 
いきなりですが、趣味はギターです。
 
 
 
20代前半までは「ギターで食べて行くんだ!」などと青いことを夢見て、
 
フリーター生活をしていました。
 
CDを作ってみたり、ライブをしてみたりと、楽しい毎日でした。
 
 
 
しかし夢はなかなか叶わず、バンドメンバーも一人減り、二人減り…
 
バンドは自然消滅してしまいました。
 
その時すでに25歳。
 
 
 
「そろそろしっかりしないと!」と思い、知人の紹介で手術台を製造販売する会社に
 
就職しましたが、「自分に何ができるんだろう…」と不安な日々でした。
 
 
そんな時“人生、無駄なことなんて何もない”とよく聞くセリフですが、
 
そう思う出来事がありました。
 
 
 
当時その会社はOEM提供がメインで、自社のカタログがありませんでした。
 
その状況に上司が「自社のカタログを作りたいな」と一言。
 
 
 
バンド時代にCDのジャケットやライブのチラシなどをパソコンで作ったことが
 
あったので、「簡単なものでよければ作れますが」と提案。
 
 
 
それからいつの間にか販売促進のチラシ、資料などを作る仕事に移行していきました。
 
その経験を経て、ご縁があり4年前当社に入社。
 
 
 
入社直後から趣味程度に使用していたイラストレーターを本格的に勉強し、
 
この4年間で自社のカタログ、チラシ、ホームページ、展示会ブース、動画作成
 
取扱説明書にいたるまで、様々な製作に関わらせていただきました。
 
山内ワーク.jpg
 
 
デザインは奥が深く、時代の流行もあるので勉強することがたくさんあり、
 
やりがいを感じる毎日です。
 
 
 
 
現在ホームページ更新の準備をしておりますが、来年1月には
 
 
さらに来年4月には初の
 
大阪での展示会出展など、
 
楽しい企画を予定しています。
 
 
 
 
その模様もこちらのブログでお知らせしたいと思っていますので、楽しみにしていてください。
 
 
 
 
ブログは初めてなので読みにくい点もあると思いますが、
 
今後少しでもみなさまに楽しんでいただけるよう頑張りますので、
 
これからよろしくお願いします。
 
 
 

2013.10.09

このページのトップへ

オートキャッチャー公式ホームページ

オートキャッチャー公式ホームページ

ブログ担当

  • 三雲製作所
    代表取締役 三雲啓志
    社長兼販売を担当。マネージメントやマーケティングを日々勉強中。
  • 三雲製作所
    工場長 白石浩一
    製造技術の責任者。製品の開発、工場の生産システム、安全管理等の改善に奮闘中。
  • 三雲製作所
    リーダー 山内隼人
    販促・お客様サポートを担当。お客様に喜んで頂ける企画やデザインの製作にまい進中。

公式facebookページ

最近のブログ記事

カテゴリ

バックナンバー

RSS

資料請求

オートキャッチャーに関することなど、お気軽にご相談ください

株式会社 三雲製作所 TEL:048-433-3212

資料請求はこちら